コラム 「 とかちの窓から 」Column

第1回 『はじめまして』
(2004年11月26日配信)

はじめまして。とかち皮膚科院長・とかち美白研究所所長の大石真暉です。

この度、管理人様のご配慮によりましてコラムを書く機会をいただきました。大変光栄なことと思っております。筆無精な私で、いつまで続けられるかわかりませんが、読者の皆様どうぞよろしくお願いいたします。

ニキビ治療には様々な治療方法があり考え方も様々ですが、このコラムが皆様のニキビ改善のちょっとしたヒントになれば幸いです。

私の診療所『とかち皮膚科』の窓には、毎朝明るい光が差し込み、「今日もがんばろう!」と勇気を与えてくれます。ニキビでお悩みの方には、このコラム【とかちの窓から】を通じてニキビ改善の一条の光明が差し込みますように、そんな願いを込めてコラムに名前をつけてみました。

今回は初回ですので、イントロダクションとして次回以降の予定をお示しします。とかち美白研究所では、VCローションを購入されている方に会報というのを毎月発行しております。そこの片隅に『ニキビ治療の4ヶ条(4ナイ)』というのを載せています。(以下に示します。思い当たる所があれば今日から早速実行してみて下さい。)

  • (1)爪を切っていじらナイ
  • (2)髪の毛で隠さナイ
  • (3)夜更かししナイ
  • (4)乾燥させナイ

これは私が皮膚科診療を15年やってきた中で非常に重要と思い標語にしたものです。あまり大したことは書けませんが、私なりのスタンスで、次回以降少しづつ解説していきたいと思います。それでは。

おおいし まさき(大石 真暉:ペンネーム)
(昭和41年北海道帯広市生まれ。平成6年札幌医大大学院修了。
平成7年同皮膚科学講座助手。平成9年とかち皮膚科開院。
平成14年とかち美白研究所開所。
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医・医学博士)

第1回~第10回

第11回~第20回

第21回~第30回

第31回~第40回

第41回~第50回

第51回~第60回

第61回~第70回

第71回~第80回

第81回~第90回

第91回~第100回

第101回~第110回

第111回~第120回

第121回~第130回

第131回~第140回

第141回~第150回

トップへ戻る