コラム 「 とかちの窓から 」Column

第30回 『心のブレーキの外し方(1)』
(2007年2月15日配信)

 こんにちは。とかち皮膚科院長・とかち美白研究所所長の大石真暉です。

 1月末に、2年ぶりで高校の時のクラス会(3年E組)がありました。今回は、道内在住者のみ14名のこじんまりとした集まりでした。(クラスの大物、道外在住のドリカムの吉田美和さんは欠席でした。)

 それでも、前回お会いできなかった、担任の先生やクラスメートが6名も出席し、22年ぶりの再会を喜びました。
 ちょっと話をするだけで、22年前にタイムスリップできる友人は本当に大切だなと思いました。出席者は、昔は良かったねと語るだけでなく、今を一生懸命に生きている人が多く、大きなエネルギーをもらいました。
 今回もお開きとなったのは午前2時過ぎで、再会を誓って別れました。

 とかち美白研究所では、VCローション等を購入されている方に会報を毎月発行しております。そこの片隅に『ニキビ治療の4ヶ条[改訂版](4決め!)』というものを載せています。(改訂にいたる経緯は 第23回のコラムを参考にして下さい。)
(思い当たる所があれば今日から早速実行してみて下さい。)

『ニキビ治療の4ヶ条[改訂版](4決め!)』

今日から私は以下の4つを良く守り、ニキビ改善を目指すことに決めました!

  • (1)爪を切って手は下に置くことに決めました。
  • (2)髪型は適切にアレンジすることに決めました。
  • (3)規則正しい生活を送ることに決めました。
  • (4)お肌はしっとり潤いを保つことに決めました。

これは私が皮膚科診療を15年やってきた中で非常に重要と思い標語にしたものです。

 ニキビ治療には様々な治療方法があり考え方も様々です。このコラムでは、昨年まで『ニキビ治療の4ヶ条』を系統立てて解説してきました。

 第16回からは『落ち穂拾い』と題して、『ニキビ治療の4ヶ条』を『基本中の基本(中核)』と考え、日々気付いたニキビ治療に関連したこと一つ(今まで取り上げていなかったが重要なことなど= 落ち穂 )にフォーカスをあて(= 拾い )、お話させていただいています。

 本題に入る前に、ジャン・フランソワ・ミレー(1814ー1875)の名画『落ち穂拾い』(1857年)オルセー美術館所蔵をご覧下さい。(http://www1.megaegg.ne.jp/~summy/gallery/glaneuses.html

 最近、本屋さんを覗いていて、目から鱗が落ちるような本を見つけました。

人生を変える!「心のブレーキ」の外し方
(石井裕之 著 フォレスト出版) 

 この本は、コラムで何回か触れている『メンタルブロック』について的確な着眼点をもって解説するばかりではなく、解決法を示している良書だと思います。(以下では 石井さんの本 として取り上げさせていただきます。)
(メンタルブロックについては、第27回のコラムを参考にして下さい。)

 ニキビに悩んでいるものの、ニキビ改善になかなか踏み込めない方や、こうすれば良くなるのがわかっているのに行動できない方には、もってこいの本だと思います。
今回はこの本に書かれていたことを中心に、ニキビ改善に応用して考えてみたいと思います。

 ニキビの患者さんとお話していて、
イ)『ニキビが全然よくなりません。』とか、
ロ)『治療を続ければ少し良くなるのですが、長続きしないのです。』
といった訴えをよく聞きます。

 注意深く観察していくと、
イ)の方は、人任せで、実際には治療等にあまり積極的ではない方が多い
ロ)の方は、自分でかなりの努力をし、治療等に積極的な方が多いようだということに気づきます。
(全ての人があてはまる訳ではありません。あくまで傾向です。)

 このメルマガをご覧の方は、向上心がある方がほとんどだと思います。従って、ロ)のタイプにあてはまる方が多いと思います。

 しかし、イ)のタイプの心のあり方『潜在意識』を理解することにより、更なるニキビ改善につなげて行くことが出来ます。
 『潜在意識』とは、自覚されないまま潜んでいる意識のことです。
 石井さんの本では、この『潜在意識』の重要性が何度も繰り返し説かれています。
 身体は、急激な気温の変化から自分を守るために、できるだけ体温を一定に保とうとします。暑くなれば発汗して体温を下げようとするし、寒くなれば身体を震わせて熱を出そうとします。
 それと同じように、『潜在意識』も、急激な環境の変化から自分を守るために、『できるだけ現状を維持しようとする』というのです。

 例として、石井さんは、
『お金持ちがなぜ金持ちかというとーーーお金持ちだからです。』
と言い切っています。

 『お金持ちの人の潜在意識は、できるだけお金持ちでいようとする。だから、身体が自然に平熱を維持しようとするのと同じで、現在の豊かさのレベルを維持しようと潜在意識が働いてくれる。』というのです。

 私の大学の皮膚科の先輩で、入局時よりご指導を受け、尊敬している先生(S先生)がいらっしゃいます。
 S先生は、古くから開業され、永年に渡って第一線に立つすごい先生です。先生は、私が学会に行くと必ずお会いするばかりでなく、朝は私より早く学会場に姿を現し、前の方に座り、メモをとっておられます。
 他の先生に聞くと、『S先生は勉強が好きなんだよ。』と評されることも多いのですが、この本を読んで、どうしてS先生は一生懸命になれるのかが分かりました。
 『潜在意識』が、更にS先生に一生懸命勉強させ、第一線で活躍している現状を維持させているのだと。
 S先生、違っていたらすみません。大変失礼いたしました。

 私もこれからは、学会出席の際、朝から大名出勤せずに、メモを取り、勉強することに決めました。

 さて、ニキビ患者さんの場合はどうでしょうか?

 イ)のような、よくならない患者さんは、私は、素直さに欠けているとか自己管理が出来ない人だなと、最近まで思っていました。

 しかし、実際には、『私のニキビはこのままで良い。』という『潜在意識』が邪魔をして、知らぬ間に現状維持を選択してしまい、前に進めない状態なのだと理解できました。

 『潜在意識は、現状を維持しようとする。』

 これはすごい知見だと思います。これを知っているか知らないかで、ニキビ改善に大きな差が生じるといっても過言ではありません。
 また、この知見を理解することにより、視点が変わり、ダイエットや禁煙、受験や資格取得などの勉強に役立てることができると思います。
 『最大のライバルは自分自身である。』とは良くいったものです。自分自身とはもちろん、『現状を維持しようとする自分の潜在意識』です。
 (ブロックくん)=(潜在意識)という正体がはっきりして、視界が急に開けた感じがします。

 さて、それでは、その解決方法にはどんなものがあるでしょう?

 石井さんは、『潜在意識を、新しい自分に徐々に慣らしていけばいい。』と言っています。
 ニキビであれば、とりあえず、前髪を上げてみる、爪を切ってみるなど簡単なことから初めてみましょう。
 前髪を上げた自分の顔を鏡に映すと、『潜在意識』は最初は前髪を下げさせようと考えるかもしれません。
 でも、『前髪を上げた自分は知的で可愛く見えるよ』と鏡に語りかければ、そのうち『潜在意識』も納得して、少しずつ慣れてくれるはずです。
 それが、新たなニキビ治療のスタートとなるのです。

 どんな小さなことでも、少し前に進む。これが重要なことなのですね。

 今回のポイントは以下の通りです。

【今回の4決め!落ち穂拾い】 「落ち穂 その14」

【 心のブレーキの外し方(1) 】

 
  • •メンタルブロックとは、思い込みによる、意識の壁のことです。内制止ともいいます。これには潜在意識が深く関わっています。
  • •『潜在意識は、現状を維持しようとする。』
    これは潜在意識の大変重要な性質です。これを逆手に取りましょう。
  • •『ニキビが全然よくなりません。』という言い方をする人は人任せで、実際には治療等にあまり積極的ではない方が多いです。
  • •また、メンタルブロック(=潜在意識)が強く働いている可能性が高いです。
  • •対策としては『潜在意識を、新しい自分に徐々に慣らしていく。』方法があります。
  • •ニキビの場合、とりあえず、前髪を上げてみる、爪を切ってみるなど簡単なことから始め、『潜在意識』に納得してもらうのが良いでしょう。
  • •どんな小さなことでも、少し前に進む。それが、新たなニキビ治療のスタートとなります。

次回は、
ロ)『治療を続ければ少し良くなるのですが、長続きしないのです。』
という方はどうしたら良いのか?について考えてみたいと思います。

それでは。

おおいし まさき(大石 真暉:ペンネーム)
(昭和41年北海道帯広市生まれ。平成6年札幌医大大学院修了。
平成7年同皮膚科学講座助手。平成9年とかち皮膚科開院。
平成14年とかち美白研究所開所。
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医・医学博士)

第1回~第10回

第11回~第20回

第21回~第30回

第31回~第40回

第41回~第50回

第51回~第60回

第61回~第70回

第71回~第80回

第81回~第90回

第91回~第100回

第101回~第110回

第111回~第120回

第121回~第130回

第131回~第140回

第141回~第150回

第151回~第160回

トップへ戻る