コラム 「 とかちの窓から 」Column

第127回『ニキビとレスベラトロールについて』
(2015年3月20日配信)

#お時間のない読者の方は[今回のポイント]だけでもお読み下さい#

こんにちは。とかち皮膚科院長・とかち美白研究所所長の大石真暉です。

最近、再び聴き出した音楽があります。
『 George Winston 』というピアノ演奏家の音楽です。

昔『ニューエイジミュージック』という音楽が流行したことがあります。
当時、学生だった私は、
LPレコードをカセットテープに録音してBGMとして良く聴いていました。

『 George Winston 』は、
『 Winter into Spring 』『 Summer 』『 Autumn 』『 December 』
 の4部作が有名です。
(詳しくは http://ja.wikipedia.org/wiki/ジョージ・ウィンストン
                         をご覧下さい)

最近、私が『ハイレゾ』を導入した一つの目的が、
 『この4部作が「ハイレゾ」なら、
         本当に素晴らしい演奏を聴くことができるはず』 と考えていたからです。
(『ハイレゾ』については、第125回のコラムを参考にして下さい)

しかし、『 George Winston 』の4部作の『ハイレゾ』音源は
現在、ありませんでした。泣く泣くCDを購入しました。

それでも、少し古ぼけたスピーカーから、
力強いピアノ演奏が流れてくると、本当に素晴らしいの一言。
感動します。

雄大な大自然の中に自分がいるような錯覚に陥り、
昔の数々の思い出が脳裏に蘇ってきます。
日々のいやなことも忘れて『リラックス』できます。

そうそう。
ニキビは『ストレス』で悪化します。
『ストレス』を克服する努力はとっても大切です。
でも、努力だけではどうにもならないこともありますね。

『リラックス』すると、視点が変わって、
努力を続けるエネルギーが補充されます。

何かに疲れた時——。
『リラックス』したいなと感じたら、
『George Winston』の4部作はオススメです。

『ニキビ改善』は一筋縄ではいかないことも多いです。
このメルマガが、月に1度必ず届く、

『 ニキビ改善に悪影響を与える
 「ストレス」を克服する努力を「サポート」するため
  様々な「リラックス」できる環境作りを提案し、
  何となく読んでいるうちに
  いつのまにかニキビが改善している定期便 』

になれば幸いです。

ニキビの治療には、お薬の力(=テクニカル/技能面)ばかりでなく、
根気よく治療に取り組む力(=メンタル/精神面)も大切です。

このコラムが、その両方をうまくケアしていければ最高だなと思いつつ、
自分自身が一歩でも前に進むつもりで、 毎月お届けさせていただいています。

とかち美白研究所では、VCローション等を購入されている方に会報を
毎月発行しております。

そこの片隅に『ニキビ治療の4ヶ条(4決め!)』というものを載せて
います。
(思い当たる所があれば今日から早速実行してみて下さい。)

『ニキビ治療の4ヶ条(4決め!)』

今日から私は以下の4つを良く守り、 ニキビ改善を目指すことに決めました!

  • (1)爪を切って手は下に置くことに決めました。
  • (2)髪型は適切にアレンジすることに決めました。
  • (3)規則正しい生活を送ることに決めました。
  • (4)お肌はしっとり潤いを保つことに決めました。

これは私が皮膚科診療を24年やってきた中で非常に重要と思い標語に
したものです。

ニキビ治療には様々な治療方法があり考え方も様々です。

このコラムでは、第15回までは『ニキビ治療の4ヶ条』を系統立てて
解説してきました。

第16回からは『落ち穂拾い』と題して、『ニキビ治療の4ヶ条』を
『基本中の基本(中核)』と考え、日々気付いたニキビ治療に関連した
こと一つ(今まで取り上げていなかったが重要なことなど= 落ち穂 )
にフォーカスをあて(= 拾い )、お話させていただいています。

(バックナンバーは
  http://www.tokachi-derma.com/content/column をご覧下さい。)

第112回からは、『ストレス』の対処法に最適な本
『「凹(ヘコ)まない」技術』(西多昌規 著)
をもとに、『ニキビ』と『ストレス』についてとりあげています。
『ニキビ』と『ストレス』の対処法は、ちょっとお休み。

前回は、今春発売予定の保険適応のニキビ治療薬
『 BPO(過酸化ベンゾイル) 』についてとりあげました。
今回は、ニキビ治療のオプションとなる可能性がでてきた
『レスベラトロール』についてお話します。

『レスベラトロール』は、ぶどう等に含まれるポリフェノールの一種。
ポリフェノールは、植物しか作ることが出来ない成分です。

他に有名なポリフェノールには、
お茶の『カテキン』や、ブルーベリーの『アントシアニン』
などがあります。

『レスベラトロール』はサプリメントとして市販されています。

『レスベラトロール』の効果としては、以下のものがあります。

1)長寿遺伝子に働き、寿命を延ばす

最近、最も注目されている効果で、
人間が持っている長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)を活性化させ、
細胞の死滅を防ぎ、長寿に働きます。

2)癌の予防効果

もともと、注目を浴びていたのが癌を予防する効果です。
1997年にアメリカの科学誌『サイエンス』に
『レスベラトロール』の抗癌作用が初めて掲載されました。
以後、世界各国でマウスを使った様々な実験が行われ、
その多くで有効性が示されています。

3)美肌効果

肌を老化させる原因である活性酸素を除去して新陳代謝を活発にさせ、
シミ・ソバカス・シワやたるみ等を予防します。

4)認知症の予防効果

脳には、『海馬』とよばれる記憶や学習に関わる重要な器官があります。
『レスベラトロール』を摂ることで、
『海馬』の神経細胞の再生や情報伝達速度が高まる可能性があります。

5)メタボリックシンドロームの予防効果

過剰な脂肪が内蔵周辺にたまる内臓脂肪型肥満によって、
様々な病気が引き起こされやすくなった状態を
『メタボリックシンドローム(内蔵脂肪症候群)』といいます。
『メタボリックシンドローム』では、
糖尿病や心血管疾患など生活習慣病のリスクが高まり、
早期改善が必要です。
『レスベラトロール』は蓄積した脂肪を減少させるといわれています。

6)放射線障害から体を防御します

米国放射線腫瘍学会の年次会議にて、
アメリカのピッツバーグ大学の腫瘍学者Joel Greenberger氏は、
レスベラトロールが放射線障害から体を防御するという研究結果を
報告しています。

何やらとってもスゴイ、この『レスベラトロール』。

今回、取り上げるのは、
米国・カリフォルニア大学ロサンゼルス校のEmma J. M. Taylor氏ら
による『ニキビ』関連の研究です。

前回のコラムで紹介させていただいた『過酸化ベンゾイル(BPO)』と、
今回のコラムで取り上げている『レスベラトロール』の比較実験
を行いました。

(Taylor EJ, et al. Dermatol Ther (Heidelb). 2014 Sep 17.
                    [Epub ahead of print])

研究の要約は以下の通りです。

[ イントロダクション ]

1)抗酸化物質の『レスベラトロール』には、
  抗菌作用を含む様々な生物学的効果があります。

2)ニキビは毛包脂腺系の病気で、
  アクネ桿菌(P. acnes)が増殖して炎症を起こし、
  赤く腫れたり、膿を持ったりする炎症性宿主免疫反応を起こす
  ことが特徴です。

3)『レスベラトロール』のニキビ治療薬としての効果を判定するため、
  『BPO』との比較試験を行いました。

[ 研究の方法 ]

1)研究グループは、   『レスベラトロール』のニキビ治療薬としての効果を判定するため、
  アクネ桿菌を『レスベラトロール』もしくは『BPO』で治療しました。
  そして、
  コロニー形成ユニット(CFU)アッセイと透過型電子顕微鏡を用いた、
  抗菌効果の評価を行いました。
 (『レスベラトロール』と『BPO』それぞれをアクネ桿菌に加え、
   2つの実験を行い抗菌効果の判定を行いました。)

ヘ)また、ヒト健康ボランティアから血液の提供を受け、
  MTSアッセイで単球とケラチノサイトの細胞毒性を評価しました。

[ 結果 ]

1)『レスベラトロール』は、
   アクネ桿菌に対して持続的な抗菌活性を示しました。
   一方、にきびの抗菌治療に一般的に用いられる
  『BPO』の殺菌効果は短期的でした。

2)『レスベラトロール』と『BPO』の組み合わせは、
   初期の抗菌活性が高く、細菌の発育を持続的に抑制しました。

3)『レスベラトロール』で
   治療されたアクネ桿菌の電子顕微鏡による観察で、
   細菌形態の変化(膜の消失、細胞外の線毛構造の崩壊)
   が確認されました。

4)『レスベラトロール』の細胞毒性は、
  『BPO』過酸化ベンゾイルより少ないものでした。

[ まとめ ]

1)『BPO』と比較して、
  『レスベラトロール』には、
  持続的な抗菌活性と細胞毒性の減少が認められました。

2)著者は、

  『 「レスベラトロール」が、
     ニキビ治療の新たな治療のオプションまたは補助療法
     として可能性がある 』
                 とまとめています。

ちょっと難しかったかもしれません。
当コラム的に簡単にまとめると以下のようになります。

『「BPO」と比較して、

 「レスベラトロール」は、
  安全性が高く、ニキビ菌に対して持続的な抗菌作用があります。

 「レスベラトロール」は、
  ニキビ治療の新たな治療の選択肢、補助的な治療法として
                  その将来が期待されます。』

『 ニキビ治療の選択肢として
  今春、保険適応となる「BPO」に加えて
            「レスベラトロール」も期待できる 』

ニキビ治療でお悩みの患者さんにとって朗報です。

[今回のポイント]は以下の通りです。

【今回の4決め!落ち穂拾い】

『ニキビとレスベラトロールについて』

  • ■ ニキビ治療のオプションとなる可能性がでてきた
     『レスベラトロール』についてお話します。
  • ■『レスベラトロール』は、
      ぶどう等に含まれるポリフェノールの一種。
      サプリメントとして市販されています。
  • ■ 以下の効果が確認されています。

      1)長寿遺伝子に働き、寿命を延ばす
      2)癌の予防効果
      3)美肌効果
      4)認知症の予防効果
      5)メタボリックシンドロームの予防効果
      6)放射線障害から体を防御します
  • ■『過酸化ベンゾイル(BPO)』と『レスベラトロール』の比較実験
      が行われ、以下のことがわかりました。
  • ■『BPO』と比較して、
     『レスベラトロール』は、
      安全性が高く、ニキビ菌に対して持続的な抗菌作用があります。
  • ■『レスベラトロール』は、
      ニキビ治療の新たな治療の選択肢、補助的な治療法として
      その将来が期待されます。
  • ■ ニキビ治療の選択肢として、今春、保険適応となる『BPO』に加えて、
     『レスベラトロール』も期待できます。
      ニキビでお悩みの患者さんにとって朗報です。

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆「落ち穂 その111」彡☆彡☆彡☆彡☆彡

穏やかな1月から一転。

2月中旬以降の十勝は、
平年の2倍をはるかに超える、大雪が続いています。
この原稿を書いている3月10日も大雪となりました。

また、これから除雪です。

春先の除雪は、雪が重くて大変ですが、
何故か少しウキウキします。

それは、春がもうすぐそこまで来ていることが実感できるからです。

『 George Winston 』の『 Winter into Spring 』を聴きながら、
もう少し、厳しい冬とお付き合いしたいと思います。

次回も、最近のニキビのトピックについて取り上げます。

それでは。

おおいし まさき(大石 真暉:ペンネーム)
(昭和41年北海道帯広市生まれ。平成6年札幌医大大学院修了。
平成7年同皮膚科学講座助手。平成9年とかち皮膚科開院。
平成14年とかち美白研究所開所。
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医・医学博士)

第1回~第10回

第11回~第20回

第21回~第30回

第31回~第40回

第41回~第50回

第51回~第60回

第61回~第70回

第71回~第80回

第81回~第90回

第91回~第100回

第101回~第110回

第111回~第120回

第121回~第130回

第131回~第140回

第141回~第150回

第151回~第160回

トップへ戻る