コラム 「 とかちの窓から 」Column

第142回 『  「1分間でイヤなことを忘れる技術」でストレス解消して「ニキビ改善」! (1)「イヤなことが起こったら 口をあけて上を向く」』
(2016年6月20日配信)

#お時間のない読者の方は[今回のポイント]だけでもお読み下さい#

こんにちは。
とかち皮膚科院長・とかち美白研究所所長の大石真暉です。

先日、管理人ご夫妻と直接お会いする機会に恵まれました。

管理人さんが運営されている『大人のニキビのために』のサイトを
きっかけにして始まったこのメルマガ。
お陰さまで11年余りに渡って発行させていただいております。

直接お会いするのは初めての経験。

お子様連れでしたので、
小1時間ばかりのささやかな食事をしながらの会合でした。

管理人さんには、
これまで毎月のメルマガ発行に対して本当にお世話になっていました。
ご主人には、管理人さんが産休のときなどにサポートを頂いています。
これからも末永く発行できれば良いなとお話させていただきました。

人間生きていると、いろんな『ご縁』をいただきます。

今回の会合は、ご夫妻がお仕事の関係で札幌にお住まいになり、
私もたまたま用事で札幌に来る機会に恵まれたことで実現できました。

『ご縁』はとっても大切ですね。

怠け者の私が、何とか毎月コラムを読者の皆様にお届けできるのは
この『ご縁』のお陰です。

『ニキビ改善』は一筋縄ではいかないことも多いです。
このメルマガが、月に1度必ず届く、

『 26年の皮膚科外来診療で得られた経験をもとに
  規則正しい生活、精神の安定、お肌の保湿などの
  「ニキビ改善」に重要な良い刺激となる情報を数多く提供。
  「ご縁」をいただき、継続してチャレンジするうちに
  「ニキビ改善」への道が開ける定期便 』

になれば幸いです。

ニキビの治療には、お薬の力(=テクニカル/技能面)ばかりでなく、
根気よく治療に取り組む力(=メンタル/精神面)も大切です。

このコラムが、その両方をうまくケアしていければ最高だなと思いつつ、
自分自身が一歩でも前に進むつもりで、
毎月お届けさせていただいています。

とかち美白研究所では、VCローション等を購入されている方に会報を
毎月発行しております。

そこの片隅に『ニキビ治療の4ヶ条(4決め!)』というものを載せて
います。
(思い当たる所があれば今日から早速実行してみて下さい。)

『ニキビ治療の4ヶ条(4決め!)』

今日から私は以下の4つを良く守り、
ニキビ改善を目指すことに決めました!

  • (1)爪を切って手は下に置くことに決めました。
  • (2)髪型は適切にアレンジすることに決めました。
  • (3)規則正しい生活を送ることに決めました。
  • (4)お肌はしっとり潤いを保つことに決めました。

これは私が皮膚科診療を26年やってきた中で非常に重要と思い標語に
したものです。

ニキビ治療には様々な治療方法があり考え方も様々です。

このコラムでは、第15回までは『ニキビ治療の4ヶ条』を系統立てて
解説してきました。

第16回からは『落ち穂拾い』と題して、『ニキビ治療の4ヶ条』を
『基本中の基本(中核)』と考え、日々気付いたニキビ治療に関連した
こと一つ(今まで取り上げていなかったが重要なことなど= 落ち穂 )
にフォーカスをあて(= 拾い )、お話させていただいています。

(バックナンバーは
  http://www.tokachi-derma.com/content/column をご覧下さい。)

前回は、『アンチエイジングフード:日本の朝ご飯』を
さらに『国際化』させて、『ニキビ改善』につなげる方法を考えました。

今回は、最近出版された『1分間でイヤなことを忘れる技術』を応用。
『ストレス』を減少させて『ニキビ改善』につなげる方法を考えました。

最近、本屋さんの店頭で気になって購入したのが、
『1分間でイヤなことを忘れる技術』(石井貴士 著)でした。

石井さんは、1分間シリーズで有名な作家さん。
この本には『イヤなことを忘れる』ことで『ストレス』を減少させる
有益な方法が満載です。オススメの1冊です。

特に私も実践してみて良いなと思ったのが、
『イヤなことが起こったら 口をあけて上を向く』
という方法です。

石井さんによると、
『 人は1日に4万5千回も、
  「美人が歩いているぞ。声をかけよう。無理だ」など
  考えては否定するというマイナスのサイクルを繰り返している 』
そうです。

イヤなことがあった直後は、なおさらマイナス思考になりますね。

『イヤなことが起こったら 口をあけて上を向く』

私もやってみました。

この方法を実際やると、何も考えることができなくなります。

『一瞬でマイナス思考をゼロベースに戻す』ことができます。
これは大きい!

恥ずかしいなんて言わないで、やってみて下さい。
『イヤなことが起こったら 口をあけて上を向く』

そうです! その調子です!

『 イヤなことがある → 口をあけて上を向く

  この行動を、パブロフの犬のように、
  条件反射でできるようになれば、
  あなたは落ち込み癖から解放され、イヤなことがあっても、
  すぐに前を向いて歩き出せるのです 』
と石井さん。

『仕事のストレスがたまって、急にニキビが悪くなりました。』
『ストレス解消でついニキビをつぶしてしまいます。』
よく外来で患者さんから聞く会話です。

『イヤなことが起こったら 口をあけて上を向く』

多少の羞恥心を捨てれば、無料で気軽に誰でも実行できる方法です。

『 イヤなことがあったら 口をあけて上を向きましょう!
  マイナス思考もとりあえずゼロになってストレス減少。
  前を向いて「ニキビ改善」へ歩き出せます! 』

[今回のポイント]は以下の通りです。

 

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆

      

【今回の4決め!落ち穂拾い】

 

『  「1分間でイヤなことを忘れる技術」
     でストレス解消して「ニキビ改善」! 
  (1)「イヤなことが起こったら 口をあけて上を向く」』

  • ■ 『1分間でイヤなことを忘れる技術』(石井貴士 著)を応用。
      『イヤなことを忘れる』ことで『ストレス』を減少させ
      『ニキビ改善』につなげる方法を考えました。
  • ■ 1日に4万5千回も、マイナスの思考サイクルを繰り返す
  •   のが人間。イヤなことがおこると、更にマイナス思考となり
      ストレスが蓄積。ニキビも悪化します。
  • ■ 『イヤなことが起こったら 口をあけて上を向く』
      この方法を実際やると、何も考えることができなくなります。
      『一瞬でマイナス思考をゼロベースに戻す』ことが可能に!
  •  
  • ■ 多少の羞恥心を捨てれば、無料で気軽に誰でも実行できます。
  • ■ 『 イヤなことがあったら 口をあけて上を向きましょう!
        マイナス思考もとりあえずゼロになってストレス減少。
        前を向いて「ニキビ改善」へ歩き出せます!  』

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆「落ち穂 その126」彡☆彡☆彡☆彡☆彡

ネット上のみでのおつきあいが多くなりました。
仕事をするのもPCやスマホがあれば事足りることも多いです。

昔はお互いまず顔を合わせて、
それから仕事をするのが当たり前でした。

今回の管理人ご夫妻とのご面会は、
未来につながるたくさんの収穫があったと思います。

今後ともよろしくお願いします。

次回も、
『1分間でイヤなことを忘れる技術』について考えたいと思います。

それでは。

おおいし まさき(大石 真暉:ペンネーム)
(昭和41年北海道帯広市生まれ。平成6年札幌医大大学院修了。
平成7年同皮膚科学講座助手。平成9年とかち皮膚科開院。
平成14年とかち美白研究所開所。
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医・医学博士)

第1回~第10回

第11回~第20回

第21回~第30回

第31回~第40回

第41回~第50回

第51回~第60回

第61回~第70回

第71回~第80回

第81回~第90回

第91回~第100回

第101回~第110回

第111回~第120回

第121回~第130回

第131回~第140回

第141回~第150回

第151回~第160回

トップへ戻る